Moraoは妻の事をママだと勘違いしているような気がする。

そう思った理由を検証。

 

Moraoが人生の中で最も怒鳴り散らしていたのが子供が生まれた時。

放っておいたら簡単に死んでしまう存在が誕生したにも関わらず

嫁は自分の相手をしてくれないと感じたMoraoは、私に対しての攻撃を始める。

友人、身内など方々で私の悪口を言いふらす。

 

うちのバカ嫁が、うちのバカ嫁が…と

『うちの嫁はバカ』と外で触れ回るのだ。

 

そのことにより

皆、私を悪い嫁だと信じて疑わないという意味不明な共和国を作り上げたMorao

 

友人たちは揃いも揃って、私を諭そうとするのだ。

『あいつが可哀そう

だって・・・

 

はぁ?

なんだこれ?

すごい世界が創れるんだなアイツ。

私を孤立させることで自分の居場所をみつけたMorao

名付けて・・・『俺、可哀そう星である。

 

 

俺、可哀そう星の住民になることを選んだMoraoは

家庭を築き上げるという結婚当初の目的を完全に念頭からは消し去っているようだ。

とにかく俺をのことを見ろという願いを妻が叶えてくれるまで攻撃を辞めようとはしない。

それは母親を欲して駄々をこねる幼児のようである。

 

時に、妻が少し見てくれたと感じた瞬間の満ち足りたMoraoの顔

日頃、あれだけの攻撃をしてくるにも関わらず、よくもまぁ。

キモイとしか言いようがない。

 

したがって

これは完全に赤ちゃん返りある。

 

『夫、父親になったにも関わらず、精神的に腹をくくることが出来ていない。

家庭をつくるという考えからは完全に脱線している。

 

妻をお母さんとして見ている。

 

幼少期に実母の愛情が足りていなかったのだろう。

その穴埋めを嫁に求めるMoraoは、大人になる方法を教わらなかったモンスター。

 

俺、可哀そう星へ向かう道しか見つけられないのも当然である。

 

この頃には既に大嫌いになっていた。

 

 

Ai
子供は、ちゃんと育てなければ・・・と

私の学びになったけどね。

ありがとう。

To be continued

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
クリック協力にほんブログ村

スポンサーリンク
離婚の予定がある方の準備
女性自立支援プログラム
障害者求人ラインナップ
にほんブログ村
モラハラを世間に広めるためにクリック協力をお願いします。 にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村